大切なもの

みなさんは今どんな印鑑をお使いでしょうか。これだけ広い世の中ですが、自分の印鑑を持っていないという人はおそらくごくわずかでしょう。
印鑑は個人にとっても会社にとっても、とても大切で重要なものとなります。しかし大切すぎてたまにしか使わないからなのか、案外乱雑に扱ってしまっているのも事実なのかもしれません。自分の気に入った印鑑や実印に買い換えてみると、もっとハンコの存在を大切にしたくなることでしょう。

会社ではたくさんの印鑑が使われています。まずは代表者印ですね。これは個人用で言うところの実印に近いかもしれません。代表者印とは登記の際に必要になる印鑑ですが、これとは別に銀行印と社印があります。代表者印と銀行印は丸いものですが、社印は四角いのが特徴です。そのため角印とも呼ばれています。

会社で使用されている数々のハンコも、個人の実印として使用されているハンコも、字体がかなり特徴的ですよね。
個人の使用するハンコは実印、そして銀行員と認め印があります。認め印は行書体でわかりやすい字体のものが多いです。実印は印相体(いんそうたい)や篆書体(てんしょたい)のように、読みにくい書体となっていることが特徴です。

会社で使用されているハンコに、ここまで種類があると思っていなかった人もいるでしょう。しかしハンコは大事なものです。だから本来はもっと大切に扱われるべき存在なのです。
書体も選べますし、ハンコに使われる材料も好みで選ぶことができます。書体と印材を自由に選べるので、無限にバリエーションが広がると思います。この世でたった一本だけの大切なハンコをあなたも作ってみませんか。ハンコについてご紹介していきます。

calendar

2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

archive